護摩祈祷

・毎月第2土曜日、午前10時から行っております。

・お申込み:事前にご予約、または当日の開始時間の15分ほど前にお越しいただき、受付をお願い致します。

・護摩祈祷とは
火を焚き、真言を唱えて除災招福をご本尊さまに祈る「真言密教の秘法」であり、世界最古の「火」を使った儀式です。
「護摩」という言葉は、焼くという意味の古代インドの言葉「ホーマ」に由来しています。
燃え上がる炎は、仏さまの悟りの「智慧(ちえ)」を象徴しており、煩悩を表す護摩木を燃やすことで、智慧によって煩悩が焼き滅され、清浄な願いとなり、生きる力を授かるという意味があります。
また、護摩札を智慧の炎にかざして加持することで、護摩札がご本尊さまそのものとなり、願いごとを成就する力のあるものとなります。

・1年経ち古くなったお札はお焚き上げいたしますので、長福寺までお持ちください。
その際に仏様とのご縁を深めていただけたらと思います。

護摩札

祈願料はお札の大きさによってかわります。
左から3千円、5千円、1万円、3万円の護摩札となります。
護摩札は御祈祷後お持ち帰りいただき、仏壇や神棚にお祀りください。

願いごと:身体健康・家内安全・厄除祈願・交通安全・商売繁盛・病気平癒・合格祈願・学業成就・良縁祈願・安産祈願など

護摩木

お名前、住所、年齢、お願い事をお書き下さい。
お焚き上げをして皆様の諸願成就を御祈念致します。(一本200円)

新年初護摩祈祷のご案内

1年の無病息災、家内安全、所願成就を祈念して厳修いたします。

・1月1日午前0時より【元朝大護摩供】を厳修いたします。
ご予約は不要です。ご自由にご参詣いただけます。参拝者にはお札を授与いたします。

・また、1月1日、2日、3日の午前10時より
【新年初護摩祈祷】を行います。
事前にご予約、または当日の開始15分ほど前にお越しいただき受付をお願い致します。
(祈願料につきましては上記の[護摩札]をご覧ください)

powered by crayon(クレヨン)